今日の企業サイバーセキュリティにおける VPN の役割

今日の企業サイバーセキュリティにおける VPN の役割

公開日:23年2022月XNUMX日

今日の企業サイバーセキュリティにおける VPN の役割

エンタープライズレベルのサイバーセキュリティを確保する上で、VPN が果たす役割はますます大きくなっています。これらのネットワークは、ユーザーのデバイスとリモート サーバーまたはネットワークの間に安全で暗号化された接続を作成するために使用されます。これにより、企業データの保護に 2 つの重要な利点がもたらされます。

TLDR: VPN は企業の重要なコンポーネントです サイバーセキュリティ保護、企業データを不正アクセスから安全に保つのに役立ちます。これらは、悪意のある攻撃に対する追加の防御層を提供すると同時に、送信されたデータを攻撃者が傍受したりスパイしたりすることをより困難にします。

高レベルの暗号化

VPN を使用すると、ハッカーが送信中のデータを傍受したりスパイしたりすることがはるかに困難になります。強力な暗号化方式を使用してデータを保護し、不正アクセスを防止することで、攻撃者がネットワーク接続を通じて情報を傍受したり盗んだりすることがより困難になります。

VPN は本質的に、高品質の暗号化を利用してネットワークを保護するように設計されています。.

したがって、ネットワーク上で送信されるデータは安全に保護され、悪意のある行為者によって傍受されることはありません。

VPN がこのレベルの保護を提供するには、主に 3 つの方法があります。

  1. 強力な暗号化を提供するために、AES-256 や AES-128 などの強力なセキュリティ プロトコルを使用します。
  2. IPSec や SSL/TLS などの安全なトンネリング プロトコルを使用して、ネットワーク上でデータ パケットを安全に送信します。 
  3. 厳格なアクセス制御と認証手段を採用して、ネットワークにアクセスできるユーザーと、接続中に実行できる操作を制限します。


これらの方法を使用することで、VPN は機密情報の機密性を確保し、ハッカーやその他の悪意のある行為者によって侵害されることを防ぐのに役立ちます。

暗号化グラフィック

エントリポイントの階層化

VPN は、アクセスするために突破する必要がある追加のレイヤーを作成することにより、企業ネットワークのセキュリティをさらに強化します。 (VPN は、エントリ ポイント、つまりユーザーがネットワークに接続できるポイントを階層化することでネットワークを保護するように設計されています)。 

これにより、脆弱なソフトウェアやネットワーク デバイスなどの他のエントリ ポイントからの攻撃の侵入を防ぐことができます。

ここでもトラフィックの暗号化は、ユーザーのデバイスと VPN サーバー間のトラフィックを保護し、悪意のある第三者がネットワークを通過する機密情報を傍受したり読み取ったりするのを防ぐために関係します。

もう 1 つの注目すべき場所は、ファイアウォールです。の 最高のVPN 多くの場合、ファイアウォールを使用して送受信トラフィックをフィルタリングし、許可されたユーザーとデバイスのみがネットワークにアクセスできるようにします。この層は、それを使用している企業ネットワークに渡されます。

見落とされがちな追加のレイヤーは 2 要素認証です。 VPN は通常、2 要素認証を使用して、許可されたユーザーのみが制限されたデータにアクセスできるようにします。これら 3 つの戦略は連携して、エントリ ポイントを階層化し、承認されたユーザーのみが接続できるようにすることでネットワークを保護します。

階層化されたエントリ

VPN テクノロジーの紛れもない重要性

VPN は、エントリ ポイントを階層化し、不正アクセスを防止することでネットワークを保護するために不可欠なツールです。暗号化、ファイアウォール、および 2 要素認証は、機密データを保護し、悪意のある攻撃者が重要なシステムや情報にアクセスするのを防ぎます。

エンタープライズレベルのサイバーセキュリティは非常に多面的であり、攻撃に対する堅牢な対応を開発するために多くの異なるリソース、ツール、テクノロジーで構成されていますが、今日の VPN テクノロジーがサイバーセキュリティ兵器の重要なコンポーネントであることは否定できません。