カナダでは VPN が必要ですか?

カナダでは VPN が必要ですか?

簡単に言うと「はい」です。このガイドでは、カナダで VPN を使用する必要があると考えられる次のような主な理由を詳しく説明します。

  • 海外からコンテンツをストリーミング配信する
  • Google.ca よりも優れた検索結果を得る
  • 公衆Wi-Fiを安心して利用する
  • 匿名でインターネットを閲覧する
  • トラフィックを暗号化してセキュリティを強化する
  • 安全かつプライベートにトレントする

まず基本を説明し、次にカナダ人が VPN を使用する必要がある理由を詳しく説明します。

VPNとは何ですか?

VPN は仮想プライベート ネットワークです。これは、別のネットワーク (通常はインターネット) への安全なプライベート接続を作成する方法です。 VPN に接続すると、すべてのトラフィックがその安全な接続を通過します。つまり、あなたのトラフィックを覗き見している人 (ISP や政府など) は、あなたがオンラインで何をしているのかを見ることができません。

カナダで VPN を使用する一般的な理由

VPN は、自分のネットワークとは異なるネットワーク上のリソースにアクセスしようとしている場合、または個人情報の盗難やハッカーなどのセキュリティの脅威が心配な場合に役立ちます。インターネットのグローバルな性質を考慮すると、これは他の国と同様にカナダでも当てはまりますが、具体的な状況については後ほど説明します。

セキュリティについての考えを脇に置いて、特定の国でのみ利用できる Web サイトにアクセスしようとしているかもしれません。おそらく、これは VPN について聞いたことがある場所でしょう。

もちろん、完璧なものはありません。 VPN を使用すると、トラフィックのルーティングに追加の手順が必要となるため、インターネット接続が遅くなる可能性があります。また、ハッカーが十分な決意を持っていれば、VPN を回避することも可能です。

90日間の返金保証があります

あなたは、母国のテレビを視聴したいと考えている駐在員または移民ですか?

海外在住者または海外に住んでいる場合、VPN を使用すると、海外に住んでいても母国からテレビを視聴できます。これは、VPN に接続すると、IP アドレスが母国の IP アドレスに変更されるためです。

これを行うには、母国にサーバーを提供する VPN が必要です。すべての VPN がすべての国にサーバーを提供しているわけではないため、サインアップする前に確認することが重要です。必要な場所にサーバーを提供する VPN を見つけたら、自国のサーバーに接続するだけで、自宅にいるかのようにテレビの視聴を開始できます。

もちろん、VPN を使用して、世界中のどこからでも地域がロックされたストリーミング コンテンツにアクセスすることもできます。たとえば、カナダから Netflix US を視聴しようとしている場合、米国のサーバーに接続するだけで、米国にいるかのように視聴できます。

英国国外の BBC iPlayer や米国国外の Hulu など、地域がロックされた他のコンテンツにも同じことが当てはまります。コンテンツが利用可能な国のサーバーに接続するだけで、問題なく視聴できます。

カナダは世界で最も先進国の一つとして高い移民目標を掲げており、毎年多くの移民を受け入れています。たとえば2019年、カナダは約341,000万XNUMX人の新規永住者を認めた。これは過去XNUMX年間で最高の入場者数でした!そのため、カナダで生まれ育ったわけではない新しい居住者や国民がたくさんいますが、彼らは故郷の味を味わい、自国のテレビを見たいと考えている可能性があります。

外国のコンテンツをストリーミングして言語を練習する

外国語を学習または練習したい場合、その国からコンテンツをストリーミングすることは、そのための優れた方法の 1 つです。たとえば、フランス語を学習しようとしている場合は、フランスの VPN サーバーに接続して、フランスのネットワークからテレビ番組や映画を視聴できます。また、VPN を使用して、スペイン語、北京語、中国語などの他の言語のコンテンツにアクセスすることもできます。ヒンディー語。これは、言語スキルを練習し、新しい文化に触れるのに最適な方法です。

カナダ自体は多様性に富んでおり、国内では多くの外国語が話されています。フランス語、スペイン語、中国語は、カナダで聞こえる言語のほんの一部です。この言語の多様性は、カナダをユニークで興味深い住みやすい場所にするのに役立っています。

一部の Web サイトは国によって制限されており、カナダでは利用できません

Web サイトが国によって制限される理由はいくつかあります。 Web サイトは、その拠点がある国でのみ利用できる場合や、特定の市場を対象としており、その国でのみ利用できる場合があります。また、法的な理由により Web サイトがお住まいの国でブロックされている可能性もあります。理由が何であれ、国によって制限されている Web サイトにアクセスしようとしている場合は、VPN を使用する必要があります。

VPN を使用すると、Web サイトが利用できる国にいるかのように IP アドレスを変更できます。たとえば、米国でのみ利用できる Web サイトにアクセスしようとしている場合は、米国の VPN サーバーに接続して、その Web サイトにアクセスできます。

あなたの国でブロックされているウェブサイトについても同様です。たとえば、Web サイトがカナダでブロックされている場合、VPN を使用してカナダ国外のサーバーに接続し、通常どおり Web サイトにアクセスできます。

Google.ca よりも優れた検索結果を得る

Google.ca を使用する場合よりも優れた (または異なる) 検索結果を取得したい場合は、VPN を使用できます。

Google は特定の国のニーズを満たすように作られているため、国ごとに異なります。アメリカで見る Google は、カナダで見る Google と同じではありません。これは、Google が各国のユーザーのニーズに合わせて検索エンジンの結果やその他の製品を調整しているためです。たとえば、アメリカのユーザーはアメリカの Web サイトからの結果に興味があるかもしれませんが、カナダのユーザーはカナダの Web サイトからの結果にもっと興味があるかもしれません。

カナダでの公衆 WiFi の使用

カナダで公衆 WiFi を使用している場合は、VPN を使用することが重要です。これは、公衆 WiFi は安全ではなく、同じネットワーク上の誰でもオンラインで何をしているかを見ることができるためです。 VPN はトラフィックを暗号化し、他の人がトラフィックを閲覧できないようにします。これは、たとえ相手があなたと同じネットワーク上にいたとしても、本質的にはデータが侵害されることを心配することなくパブリック WiFi を使用できることを意味します。

ショッピングモールや空港など、どこにいても公衆 WiFi を使用しているときはいつでも VPN に接続するという考えが標準になるはずであり、接続に公衆 WiFi を使用する必要がある場合にインターネットを閲覧するための賢い方法です。

カナダでのトレント

物議をかもしていますが、カナダでトレントをしたい人には正当な理由がたくさんあります。トレントはファイルを迅速かつ簡単にダウンロードして共有できるため、カナダで人気があります。トレントには合法的な用途がたくさんありますが、著作権で保護された素材を違法にダウンロードするために使用されることもあります。カナダで著作権で保護されたコンテンツのトレントが見つかった場合、多額の罰金が科せられる可能性があります。

カナダからトレントしたい場合は、VPN に接続していることを確認してから行ってください。 カナダの完全トレントガイドでカバーしました.

VPN を使用したブラウジングの一般的な安全性とセキュリティ

当然のことながら、私たちは日常のインターネット生活で VPN を使用することを強く支持しており、可能な限り他の人たちを教育するよう努めています。したがって、カナダにいても他の国にいても、可能な限り VPN を使用する必要があります。

VPN を使用すると、匿名でインターネットを閲覧できます。接続すると、実際の場所に関連付けられていない新しい IP アドレスがマシンに与えられます。これにより、Web サイトがユーザーのアクティビティを追跡することが困難になり、個人情報のプライバシーが確保されます。さらに、VPN はトラフィックを暗号化するため、オンラインで不正な行為者が個人データを公然と簡単に入手できなくなります。

カナダで VPN が必要ですか?

「必要」という言葉は強い言葉のように思われるかもしれませんが、オンラインに多くの時間を費やしているのであれば、上で述べたすべての理由 (および特典) から、それを強くお勧めします。

私たちが選ぶトップ 3 VPN は次のとおりです。 NordVPN, サーフシャーク および ExpressVPN これらはすべて手頃な価格のオプションであり、素晴らしい仕事をします。これらの実証済みのオプションのいずれかを選択すれば間違いはありませんが、市場には他にもうまく機能するオプションがたくさんあります。利用可能なものの完全な概要については、すべての VPN レビューを参照してください。

関連記事

興味のあるその他の投稿や記事。